オーキタ家具のCONCEPT_良い商品を選んでいただくために

CONCEPT
オーキタ家具のコンセプト

HOW TO CHOICE
良い商品を選んでいただくために

良い家具の選び方

ここでは、いい家具の選び方として、3つのチェックポイントをご紹介します。

1
丈夫な材質であること

まずひとつめは丈夫な材質であることです。
「丈夫な材質」には、ナラ、タモ、ビーチ、アルダー、ハードメープル、レッドオーク、ウォルナット、ブラックチェリーなどがお薦めです。

これらの素材をそのまま使った素材を無垢材といいます。
無垢材はキズに強く、ご自宅で修理も可能で、木の風合いにも高級感があります。使い込むことでより趣を醸し出すこうした素材は当店でのオススメ素材としてたくさんご用意しています。

オーキタ家具のタンス

2
丈夫な作りであること

丈夫な作りとしては、チェックするポイントが2つあります。
それは家具の表面材です。家具の表面材には大きく分けて
「無垢材(一枚板)」
「突板(ボードの表面に薄くスライスした木を張ったもの)」
「シート(木目をプリントした強化紙)」
の3種類がありますが、例えばテーブルなどの切断面に表面から木目が繋がっていれば無垢材を利用しております。

オーキタ家具のソファー・テレビ台

また”引出し”を見るとよい家具かどうかがよくわかります。
少し引き出して横から見てみると、側板が前板に張っているだけのものと、しっかり組んでいるものがあることが分かります。さらに引出しを引っこ抜いて後ろからご覧いただくと、無垢板は底板の断面に木目が繋がっています。底板のほとんどはベニヤ板がですが、良い家具は6mm~7mm程度の無垢板を使っています。

さらに、釘の打ち方のひとつも丈夫かどうか見極める大切なポイントです。底板を止める釘は通常ホッチキスのような金具(パンチ止め)ですが、丈夫なものは木釘を打っています。

3
使い勝手・すわり心地・寝心地が良いこと

そして、「使い勝手・すわり心地・寝心地が良いこと」。
これは実際にお試しいただくしか方法はございません。
良い家具選びは「必ず購入する前に体験してみること」です。
もし遠方の方で当店の大阪・堺のショールームに足を運びづらい場合は、まず近くの家具店やインテリアショップで気になった家具お試しいただいた上で、当店にお問合わせいただいても結構です。たいていの家具は取り揃えることができます。

CONTACT

お問い合わせ

資料請求、来場予約、ご相談など
お気軽にお問合せください!

ご相談ごとは
お気軽にお申し付けください

コーディネートへのこだわりや、相談事、気になっていることなどがあれば、どんな些細なことでもアドバイザーにお申し付けください。アドバイザーからすると、そうした相談事ひとつひとつが、お客様に最適な家具のアドバイスをする根拠・ヒントとなります。是非お気軽にご相談ください!

CONTACT
お問い合わせ


ご相談のことはお気軽にお申し付けください。