ページ内を移動するためのリンクです。

大阪の家具・インテリア専門店オーキタ家具

ここからメインコンテンツです

Staff Blog- スタッフブログ

現在表示しているページの位置
  • HOME
  • Staff Blog- スタッフブログ

 

こんにちは!

オーキタ家具の門田です。

今回は、堺市のK様邸に一枚板を納品しました。

さっそく家具のご紹介を・・・とその前に。

お家に着いた瞬間、かっこよすぎる玄関(門!)に出会い、思わず写真をパチリ!

お話を伺うと・・・

旦那様が過ごしたご実家のおじいさんの代からの門で、

この門が素晴らしかったから、横に新居を建て替えたのだそう。

建物の色とのバランスがとても素敵です!

 

 

次に本題の家具がこちら!!

一枚板を掘りごたつにされたK様。

今回納品させて頂きました一枚板は、モンキーポッドという板です。

♩:この~木なんの木 気になる木~・・・でお馴染みのヒタチのCMの木なんです!

K様邸の和モダンのお部屋と、相性ピッッタリでした◎

・・・もう一枚別アングルからも。

スッキリさせるために、TVボードは置かず壁掛けに。

掘りごたつからはもちろん。土間に腰掛けながら見ることも出来るよう設計されたそうです!

 

とっても明るいご夫婦の新居の家具のお手伝いが出来て、

僕も本当にうれしく思います。

K様ご夫妻、ご協力頂きまして誠にありがとうございました!

 

 

尚、オーキタ家具では、新春展示会を開催しております。

今回一枚板も多数入荷してまいりました。是非一度お立ち寄りください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

納品事例<堺市H様邸>

 

こんにちは!植村です!

みなさま、今年もよろしくお願い致します!

今回はなんと築70年の木造家屋をリフォームされたお客様のお宅に納品してきました。

それぞれ違う材質の一枚板をはじめ、遊び心のあるお洒落な家具がてんこ盛りです!

 

まずは非常にめずらしいクラロウォルナットの一枚板です。

幻の銘木と言われ、ウォルナットの中でも一番入手困難な材料です。

希少なあまり、突板にしてギターや高級車の内装に使われます。一枚板となると、なかなか出会えません。

成長もかなり遅く、100年で1メートル、1枚板に使う2メートルクラスになるには200年も掛かります。

座卓にお使い頂いておりますが、今回は特別に脚もクラロウォルナットで製作しました。

 

一枚板の奥に見えていたのが、これまた存在感が半端ないMIXチェストです。

ウォルナットを主材にブラックチェリー、メープルなど7種類もの無垢材から作られています。

あえて凹凸があり、アート的な作品です。

引出しはプッシュ式になっているので取っ手が無く、初めて見たかたは、チェストの前で少し固まります。(笑)

 

70年前からあるカウンターを残され、パソコンやお子様のスタディーデスクにされました。

その椅子にお選び頂きました、オーキタ家具で大人気のお花スツールです。

家具を製作するときに出る端材を使うため、材料費が無料なのでオール無垢材なのにお安くお求めいただけます。

2ヶ月に一度20脚ほど作りますが、常に入荷待ちのお客様がおられますので、いつもすぐに無くなります。

 

このお部屋の建具もオシャレでしたので撮影させて頂きました。アクアガラスや飾り棚にもひと工夫されていました。

 

メインのダイニングキッチンには1m80cm超え、迫力のモンキーポッド。

遊びに来られたお友達から、絶賛の嵐だそうです!

 

ベンチは1m40cmに別注製作。張地には赤のレザーをお選び頂き、差し色にしました。

 

椅子は曲げ木と座繰りが美しく、一度座ると立ちたくなくなる飛騨高山のウィンザーチェアです。

あえてオークとウォルナットの2素材を使うことにより、モンキーポッドとの相性が抜群に良くなります。

 

キッチンボードはドアとドアの間にピッタリです。真っ白なキッチンと合いすぎて、みんなから「セット?」と

よく聞かれると奥様がおっしゃるほど完璧に収まりました。

 

和室には3枚目!奥様一番のお気に入り、栃の一枚板です。

木目も綺麗ですが、耳の形も素晴らしく、ずっとさわっていたくなるテーブルです。

思えばオーキタ家具にお越し頂き、最初にご購入をお決め頂いたのが、この栃でした。

 

和室から見える庭も絶景で、思わずシャッターを押しました。やっぱり無垢の家具と緑は合いますね!

 

夜は松の木がこうなります。イルミネーションが幻想的です。

今回撮影にお伺いさせていただき、何故か旅行に来た気分になりました。

急な撮影にも快くご協力いただきましたH様、いつもほんとうにありがとうございます。

これからも末長くよろしくお願いいたします。